スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痔の治療

痔の治療には大きく分けて2つあって、手術などが伴う外科的療法、それと薬を中心にした治療を行う保存療法があります。多くの人は、可能な限り手術といったことなどなしで治したいと思っているのではないでしょうか。

もちろん、過去の症例を見てきても実際の治療に薬を中心にした保存療法ばかりが行われてきたわけではないです。手術は医師も避けたいと思っているのではないでしょうか。治療をする際に痔の場合、ここでは保存療法はどういった症状に対して行われるのか書いてみます。



主に切れ痔(裂肛)の場合に、保存療法が向いているとされています。肛門管が切れたり裂けたりする痔のことを切れ痔(裂肛)と定義してます。主に便が硬いことが切れ痔になる原因とされていますが、そのほかにも下痢・便秘・肛門が狭いといったこともあり女性に限定すると、いぼ痔の次に多い症状にもなってきます。

排便する時に出血してしまい、このときに非常に大きな痛みが走ります。痛みは排便後もしばらく続きます。実際に切れ痔は約90%ほどの割合で保存療法による治療が行われます。その際に使用する薬は外用薬と内服薬があり軟膏や座薬などが挙げられます。うまく症状に応じて使い分けて痛みを抑えるようにしてます。

外用薬について補足をすると、ステロイド系と非ステロイド系があります。ステロイド系の薬につきましては炎症や痛みを抑える効果が高いとされています。しかし、副作用を起こすこともあり急性期に使用することがあります。また、痛みで体が緊張してしまった場合に肛門狭窄を起こしたことによって症状が悪化しているケースでは、ニトログリセリン軟膏が使用されることもあります。



薬を処方する保存療法、病院などでは便秘や排便についての生活面での指導なども一緒に行われますが、激しい痛みが伴っている場合や効果が保存療法では現れない方には手術が行われます。

また切れ痔のほかにも、いぼ痔などで症状が悪化していないタイミングでも保存療法が行われることがあります。





関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 切れ痔 いぼ痔

カテゴリ

最新記事
フィードメーター - 痔
ブログランキング blogram投票ボタン ブログランキング 人気ブログランキング ブログランキングドットイン PVランキング 【トレミー】人気ブログランキング アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ リンクリックブログランキング ブログ王 RSS探す!
あわせて読みたい

ブログランキング参加中!

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加

SEO対策テンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。